シズカゲルは敏感肌でも使用する事が出来るのか?

シズカゲルは敏感肌でも使用出来る?

 

シズカゲルはあなたの肌トラブルのあらゆる原因にアプローチをかけ、多角的ケアによって美白を目指していくオールインワンクリームです。

 

 

 

 

 

そんなSNSでも話題を呼んでいるシズカゲルですが、敏感肌の方でも使用する事が出来るのでしょうか?

 

シズカゲルは敏感肌の人でも使用する事が出来る?

 

 

シズカゲルは敏感肌の方でも安心して使用出来る作りになっています。

 

その根拠は、7つの無添加を実現出来ているというところです。

 

 

 

 

最近はスキンケア商品も増えてきて、「無添加」というのは当たり前になってきましたね!

 

とりあえず無添加のものの中から選ぶといった方も多いのでは無いでしょうか?

 

特に合成香料や合成着色料なんていう添加物は百害あって一利なしです。

 

 

 

 

例えば、くさい匂いのクリームより、いい匂いのクリームの方が良いですよね?

 

ちょっと汚い色のクリームより、綺麗な色のクリームの方がなんとなくいいな〜って思いませんか?

 

そのいい匂いや綺麗な色を付けているのは、これら香料や着色料です。

 

もちろん植物から天然の色素を抽出しているものに関しては害があるとは言えません。

 

注意なのは「合成香料」や「合成着色料」です。

 

この「合成」にはあらゆる科学物質が合成されています。

 

 

 

でも匂いや色って使用者のイメージを良くする事以外、何のメリットもありません。

 

大切なのは良い見た目や匂いのイメージでは無く、肌にとって優しい成分で出来ているかどうかです。

 

シズカゲルはこのような無駄な成分は排除し、肌に優しい作りになっていますので安心して下さいね!

 

 

こちらに成分について詳しくまとめましたので、参考にして見て下さい。

 

⇒シズカゲルの成分は危険?調べていくうちに真実が判明しました!

 

 

またこの7つの無添加の中でも特に注目したいのが、「界面活性剤フリー」といった点です。

 

実はこれは、簡単に実現できるものでもありません。

 

界面活性剤のおもな働きは?

 

 

スキンケア商品に界面活性剤を入れる理由として、「乳化」が1つの理由に考えられます。

 

乳化とは、例えば水と油のように絶対に混じり合わないもの同時を混じり合うようにする事です。

 

スキンケア商品には当然水は使用されていますし、肌の保湿や潤いをキープする為に「油分」も必ず入っています。

 

そこで界面活性剤の登場です。

 

これらの混じり合わない水と油を乳化させ、交じり合わせる役割を果たします。

 

界面活性剤無しでスキンケア商品を作るのは難しい

 

 

 

実は界面活性剤抜きでスキンケア商品を作るのは難しいとされています。

 

その理由は単純に、スキンケア商品では必ず水と油分を成分として配合させるからです。

 

ではが、シズカゲルは独自の「モイストキープエマルション処方」といった独自の方法を取り入れ、界面活性剤フリーを実現しています。

 

モイストキープエマルション処方とは?

 

私も専門家ではありませんので、正直詳しく説明する事は難しいです(^^;)

 

簡単に言うとナノ分子を用いて乳化させているようです。

 

 

 

 

言葉で言うのは簡単だと思いますが、この技法を開発するまでには時間がかかったと思います。

 

とにもかくにも、このような技法があり、スキンケア商品では難しい「界面活性剤フリー」を実現したようです。

 

無添加+界面活性剤フリー効果で、敏感肌の方でもより安心して使用出来る作りになっています!

 

あなたもシズカゲルで、実年齢よりも若々しい肌を手に入れてみてはいかがでしょうか?(^^♪

 

こちらに口コミや(高評価だけでなく、低評価な口コミも掲載)最安値情報などについてまとめました!

 

是非参考にしてみて下さい(^^♪

 

⇒シズカゲルの口コミや評判は!?ステマって本当なの!?