シズカゲルでシミがとれるは真っ赤な嘘?その真実に迫る

シズカゲルの「シミがとれる」の真実について迫ります

 

シズカゲルが気になっている方の中には「シズカゲルでシミがとれる」という言葉を見たり聞いたりした方もいるかと思います。

 

 

 

今回はその真実に迫りたいと思います!

 

 

シズカゲルと検索をかけると、確かに「シミとれる」と出てくる

 

 

 

このように予測キーワードに「シミとれる」と出てきますね。

 

では本当にシズカゲルでシミはとれるのかというと、残念ながらシズカゲルを少し使用したくらいではシミはとれません!!

 

ガッカリしました?

 

ガッカリさせてしまったら、すみません(^^;)

 

でもですね・・・ここからが重要です!

 

 

少し使用したくらいではシミがとれる事はありませんが、長期間使用すれば、シミが消える事は十分にあり得ます。

 

その根拠は、シズカゲルに含まれる化学的にも証明された成分と、人間の肌のメカニズムにあります!

 

では、シズカゲルでシミが消える可能性がある根拠をお話ししたいと思います。

 

人の肌にシミが出来るメカニズムとは?

 

 

シミが出来るメカニズムを簡潔に説明します。

 

人の肌は紫外線を浴びると、脳が肌を守れ!と信号を出します。

 

信号が出ると、メラニンというものが肌の外側の表皮という部分に生成されます。

 

 

このメラニンは、肌を守る働きがある反面、細胞を黒くしてしまう特徴があります。

 

このメラニンこそがシミの原因です。

 

でもそれなら、人間はみんなシミが出来てしまうと思いませんか?

 

誰しもが普段紫外線を浴びていますからね。

 

ですが人は「ターンオーバー」によってシミが出来るのを防いでいるんです。

 

ターンオーバーとシミの関係性

 

 

「ターンオーバー」

 

1度は聞いた事があると思います。

 

ターンオーバーとは、一言でいうと「肌の生まれ変わり」です。

 

上の図のように「基底層」で作られた細胞が28日サイクルで、どんどん上に押し上げられていきます。

 

その結果古い細胞はアカとなって剥がれ落ちる仕組みになっています。

 

これにより、肌にできたやけどの跡やキズなども消えていきます。

 

これと同じ原理で、生成されたメラニンも肌のターンオーバーによって上に押し上げられます。

 

そして最終的にはアカとなって剥がれ落ちます。

 

 

よってメラニンはいつまでも肌に蓄積する事は無く、シミにはなりません。

 

では何故シミが出来てしまうのでしょうか?

 

シミができる人の特徴とは?

 

 

もちろんシミになりやすい人、なりにくい人がいます。

 

シミになりやすい人の特徴としては、人よりも紫外線を多く大量に浴びる機会が多い人。

 

または、ターンオーバーの乱れによってにサイクルの周期が長くなってしまい、なかなかメラニンが剥がれ落ちない人です。

 

ターンオーバーのサイクルが長くなってくると、その間生成されたメラニンがどんどん肌に蓄積していってしまいます。

 

その結果蓄積したメラニンがシミとして目立つようになってきます。

 

ターンオーバーの乱れの原因って?

 

 

ターンオーバーの乱れの原因にはいろいろとあり、人それぞれです。

 

食生活の乱れや睡眠不足、ストレスや喫煙、活性酸素の増えすぎなどが原因とされています。

 

しかし、もう1つ大きなターンオーバーの乱れの原因として「加齢」といった原因があります。

 

 

 

 

人は30代や40代になってくると、ターンオーバーの周期が遅くなると言われています。

 

通常は28日間(約1ヵ月)で1周期となっています。

 

しかし、加齢とともにこのサイクルスピードは遅くなり、40代で40日間のサイクルになると言われています。

 

活性酸素もターンオーバーの乱れの原因

 

 

活性酸素の増加は肌のコラーゲンを破壊し、肌のハリやツヤを奪い老化が進みます。

 

また、コラーゲンが破壊されると、ターンオーバーのサイクルも乱れると言われています。

 

よって活性酸素を増やさないようにする事も、ターンオーバーの乱れを防ぐポイントになります。

 

この活性酸素を増やさないようにする作用を「抗酸化作用」と言います。

 

シズカゲルはシミにどう作用するのか?

 

 

あくまでシミをとる(剥がれ落とす)のは、ターンオーバーの役割です。

 

ではシズカゲルはシミに対してどのようなアプローチを行ってくれるのでしょうか?

 

それは「メラニンの生成を抑制してくれる働き」です。

 

 

 

もちろんターンオーバーのサイクルをもとに戻す事がシミ対策の1つとして挙げられます。

 

生活習慣や食生活、睡眠不足でターンオーバーの乱れが生じている人は、これらを見直せばシミを改善出来るかもしれません。

 

しかし加齢によるターンオーバーの乱れ(遅れ)が生じている方はどうにもなりません。

 

そこで、生成されるメラニンの量を抑えてシミを消していこうというのがシズカゲルの狙いです。

 

シズカゲルには厚生労働省にも認められた、シミを抑制する成分がしっかりと配合されています。

 

⇒シズカゲル公式サイトはこちらから

 

シズカゲルの成分でシミに作用する成分とは?

 

 

@アルブチン⇒メラニンの生成を抑制する。

 

Aフラバンジェノール⇒活性酸素を無害な物質に変える作用

 

B天然ビタミンE⇒活性酸素の増加を抑制する作用

 

Cビルベリー葉エキス⇒活性酸素の増加を抑制する作用

 

これら4つの成分で、シミの原因であるメラニンの生成を抑えたり、ターンオーバー乱れを改善してくれる期待が持てます。

 

シズカゲルの成分をさらに詳しく知りたいかたはこちら

⇒シズカゲルの成分は危険?調べていくうちに真実が判明しました!

 

シズカゲルは厚生労働省にも認められた医薬部外品です

 

いくらシミにアプローチする成分が配合されているといっても、自分が使って効果を実感するまでは実際どうなの〜?なんて思ってしまいまよね。

 

しかしシズカゲルの効果にはしっかりとした臨床データがあり、医薬部外品として認定されています。

 

 

 

通常、医薬部外品に認定されるのは、臨床データを元に商品の有効性や生産における管理体制などいくつもの厳しい基準にクリアしたもののみ「医薬部外品」としての販売を認められています。

 

商品の有効性を認められたシズカゲルの信憑性は、このような理由から高いと言えます。

 

シミ消しレーザー治療と比べてると・・・

 

シミ消しレーザーの仕組みは、メラニンに直接レーザーを当て、細胞を破壊する事でシミを消していきます。

 

早いと1ヵ月ほどでシミが消えます。

 

しかし気になるのはやはり費用です。

 

 

 

シミの大きさや数、場所やシミ種類よって値段はまちまちなので一概にいくらとは言えません。

 

しかし安くても5千円〜高いと10万円かかる事もあります。

 

また、施術を行ったのにも関わらず、施術前よりもシミが濃くなる場合があるようです。(炎症性色素沈着と言います)

 

痛みに関しても、技術の発達により大分軽減されましたが、少しは痛みを伴う場合もあります。

 

 

 

 

こういった事を考えると「シズカゲル」でのシミ対策は、こういった痛みや失敗の不安はありませんし、

 

2980円から始められますので、レーザー治療に比べれば比較的手を出しやすいんでは無いでしょうか?

 

⇒シズカゲル公式サイトはこちらから